北杜市みずがき天文愛好会

みずがきで綺麗な星空を楽しみませんか?
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お知らせ その1
BBS(電子掲示板)
  → こちら
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2019忘年会&観測会を計画しています。

こんばんは、この頃ようやく安定した晴れが続いていますね。この先季節が進むと更に気温が下がり、新月期には綺麗な星空となることでしょう。

さて、今年も一月と少しほどになってきました、会員の皆さんから今年も忘年会と観測会をやろうよという話も出ていて、カレンダーを見て、11月30日土曜日にしようかと思います。場所は今年もみずがき湖ビジターセンターとしました。

時間は例年通り14時頃から集まり、積もったお話など・・・、そして、18時から忘年会と考えています。いつも簡単ではありますが、

料理をお出しします。 会費として2500円を考えています。

当日は遅くまでセンターを使えるようしますので、忘年会終了後は各自観測や、画像処理勉強会などしてはいかがでしょうか。

それではどうぞ皆さん、また初めて来られる会員さん、そのほか天文ファンの方、星好きのかたももちろん参加はオープンです。

忙しい時期かと思いますが、是非都合をつけてご参加ください。

 

みずがき湖ビジターセンター 電話 0551-45-0081

春の例会を開催しようと思います。

皆さんこんばんは。3月の新月期ですが活動されていますか?天気が微妙な日が多く難しいでしょうか。  気が付けばもう三月啓蟄、虫の活動も活発になります。なので次回の新月期、3月30日土曜日あたりに例会を開催しようと思いますが、皆さんの都合はいかがでしょう?なるべく多くの人が来られる日にとも思いますが、今のところ有力が3月30日という感じです。いつものようにビジターセンター14時集合、交流、雑談、勉強会、お茶、お食事などと、今回は愛好会主催の星空写真展の話し合いもしようと思います。夕食後、星空が広がっていたら観測、撮影タイムとしたらいかがでしょう。

 

今年の星空写真展ですが、例年4月頭から6月末まで開催でしたが、準備が遅れていることと、6月から甲武信んエコパーク推進関連で国立公園山の写真展を頼まれていて、すると半ぱな長さになってしまうので今年は7月中旬から9月中旬という日程で会場を開けようと思いますが如何でしょうか?夏休み時期ですのでファミリーや子供の来館者が増え、宇宙や写真への興味も引かれるのではと考えています。

 

なので、そのころの開催を目指した話し合いができればと思っています。詳しい企画案などをビューるさんが掲示板の方に寄せてくれましたのでご覧ください。

 

3月4月にかけ年末年始で、皆さんすごく多忙かと思いますがか、例会の日程も含めてご意見いただければありがたいです。

2月2日の例会は予定通り

何だか今夜、雪の予報が出ていますね、でも暖かな気がするのであまり積もらないのでしょう。

さて、2月2日の例会も近くなってきました、予定通り開催するつもりです。ただ天気が晴れたり曇ったりのようで満天の星空になるかは微妙なところです。星が見えないときは画像処理などの勉強会、簡単な食事もとりながらのプチ新年会となるでしょうか。

あの部分を、これの処理は?などありましたら、例題など持ち寄り腕を磨きましょうか?

・・・、GPV予報を見ると、例会1日前の2月1日夜は真っ黒で晴れの予報です、もしかして前日からみずがき湖入りして撮影をとお考えの方がいましたら教えて下さい、私も個人的に1日夜は狙っています。仮にその夜に観測したとしたら日が高くなるまで休んで、そのまま例会に・・・、なんて人もいますか?

いずれにせよ、この新月期は春の銀河祭りなど、この時期ならではの天体観測を楽しみたいものです。

 

今夜降るという雪がどのくらい積もるかはまだ分かりませんが、冬場の運転は慎重、安全でお越しください。道路状況は電話でもお答えできます。

2月例会の提案

2019年も始動し、正月の晴れの夜に天体観測をされた方も多いと思います。皆さんそれぞれ撮影方法、手法、機材、画像処理なども進化され、驚くような写真を撮られている方もいます。

私も愛好会を結成して以来、皆さんに教わったり、機材の見学や使用方法を学んだり、画像処理においてはかなりの事を覚えさせてもらいました。みずがき天文愛好会が無かったら、これほどのモチベーションは維持できていないだろうと思っています。

・・・そんな同じような事を感じている方も私以外にもいるのではないかと思います。

少し前から皆の都合の良い時期に例会をしませんか、是非やってほしい・・。と、ご意見いただいていました。そこでカレンダーを見たところ、来月2月2日土曜日が良いのではと思い、例会開催の提案をさせていただきます。

過去の開催例を参考にすると、2月2日の午後2時、みずがき湖ビジターセンター集合で、懇談会、勉強会、軽く新年会・・、夜にはそれぞれ天体観測をと、思っていますが、如何でしょうか?

色々なご意見を頂ければ調整して決定したいと思います。

みずがき湖、冬の夜空
みずがき湖、冬の夜空
冬は極寒となるみずがき湖の夜ですが、今年はいつもの年より少しだけ気温が高めです。湖もまだ結氷が始まりません、先日の撮影時に湖畔から湖面を覗くと沢山の星々が湖に写っていて感動しました。そうした様子をちゃんと確認したこともなく「星降る湖」などとPRしてきましたが、それが実証された瞬間でした。
そんなみずがき湖畔で愛好会仲間と、またみずがき湖で天体観測をしてみたいという方、それから星や宇宙に興味のある方など、一緒に例会に参加し、天文活動をしてみませんか?
合わせて、いろいろなご意見ご提案もお寄せ下さい。
今週土曜日に集まりましょう。

確か12月ですよね?  それが何という暖かさなのでしょう? 変ですね・・・。さて、8日土曜日の愛好会忘年会+観測会が近くなってきました。今のところ天気予報では8日の夜はGPVも真っ黒です。このまま何とか晴れて8日の夜観測が出来ると良いですね。

南の空にはウィルタネン彗星、スバルもオリオンも、色んな天体が旬となっています。

前回書きました通り、8日土曜、14時頃から集合し天文談義+勉強会など、夕方18時より忘年会料理を囲みます。お腹もいっぱいになったころから皆で観測しましょう。

当日、ビジターセンターの方で、少しばかりの料理を作らせていただきます関係で、大よその人数を把握しておきたいです。まだ参加表明されていない方も予定が組めましたら書き込みください。もちろんこれから天体観測を始めたいという方や、星空に興味があるという方も参加できますので、この機会に和気あいあいの「みずがき天文愛好会」イベントに来て見ませんか?

 

・・・私事、現在翌日の急な仕事は入っておりませんので、遅くまで観測ご一緒できそうです。

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.